おでんを囲んだひと時。

昨晩は、旦那さんの知り合いのご夫妻をおもてなしする!と言う事で、お気に入りのおでん屋さん『おでん 羽子屋(はねや)』さんへ行きました。お気に入りと言っても、昨年から夜のみの営業となってしまったので、久しぶりの訪問です。お店を営んでおられるおじさんとおばさんもお元気で、温かく迎えて下さいました。

 

↓ ランチで訪れていた頃とは違って、土鍋でドーンと出て来ました。事前予約をした際に、人数にあいそうな分量のおでんをお願いしていたのです。

f:id:kuksa:20171020225732j:plain

 

綺麗な緑色のお野菜は青梗菜、それ以外のおでん種はほとんどが手作り。以前と変わらず優しい味わいでとーっても美味しかったです!旦那さんの知り合いのご夫妻はアメリカ人、カリフォルニアから来られました。3ヶ月位の滞在なので、あちこちで日本食を楽しんでおられますが「おでんは未だ食べていない」との事で、ご案内しました。

 

↓ こちらは一人分ずつ出て来ました。手前のサツマイモを牛肉で巻いた物は既に1つ食べてしまっています…。

f:id:kuksa:20171020225807j:plain

 

そして、この牛肉巻きは奥様が今まで食べた料理の中で最も美味しい一皿だったそうです。奥にある先付は、左側からサツマイモのつるの煮つけ、空心菜の和え物、むかご入り天ぷら、赤こんにゃく、小さなアジの酢漬け大根おろし添えです。サツマイモのお芋部分とつるが使われていますが、それには理由があり、お店で使用されている多くの野菜もおじさんとおばさんが作っておられるのです。水餃子も出して下さいましたが、おじさんが「これも自家製です」と仰っていました。とにかく美味しいおでん屋さんですが、それは日本人の私たちの味覚による判断です。正直、外国人のお口に合うかな…と、内心ドキドキでした。ですが、そんな心配は全く不要でした!外国人と言っても、好みは個人によって異なるのは当然、どちらかと言うとアメリカで一般的な料理よりも日本食の味付けを好まれるそうです。おでん種の巾着に入っていたヒジキが大好きだそうで、ゴボウや蓮根も喜んで食べておられました。結局、土鍋一杯あったおでんは帰る頃にはすっからかん。器によそったお出汁が多いとなると「飲んでしまうから大丈夫!」とご主人。もう暫く滞在される予定ですが、未だまだ日本食を探求される様です。それに、日本食に詳しい事に驚かされました。甘み・酸味・塩味・苦みに続く第五の味とされる〝うま味〟であるグルタミン酸ナトリウムを発見し、現在の『味の素』へと繋げた池田菊苗博士をご存知でした。世界的にも日本語で通用している「UMAMI」と話され、こちらの方が、思わず「ん?何の事?」と調べる程でした。ご案内したお店をとても気に入って下さり、私たちも嬉しくなりました。また、ベビーちゃんにとっては、初めてじっくりと交流する外国人、不思議そうにしていました。奥様に抱っこをされて号泣しましたが、それでも気にはなる様でチラチラと見ていました!また、お会いできる日を楽しみにしつつ「羽子屋さん、また行きたいな~」と思いながら、今日はここまでとします。

 

明日は22日、本来であれば『時代祭』の日ですが、29年ぶりに中止だそうです。接近中の台風21号は超大型との事ですが、少しでも被害が少なければ…と願うばかりです。そう言えば、選挙の投開票日でもありました。私に続き、旦那さんも昨日の内に期日前投票を済ませているので、その点では安心です。

では、また。

冬野菜が始まりました。

ここ数日は雨続きでしたが、明日以降には台風が直撃するそうです。雨が続くと洗濯や買い物等の日々の生活が一気に大変になります。そんな中、選挙の投開票日が22日(日)曜日と最もお天気が荒れる日と重なっている為、期日前投票に行って来ました。そして、少し前から「そろそろ~」と連絡を頂いていた野菜オーナー制度でお世話になっている農家さん畑に様子を見に行って来ました。

 

↓ 『九条ねぎ』です。

f:id:kuksa:20171020163134j:plain

 

この他、水菜や小かぶ、大根等もお願いしていますが、収穫がスタートしたのは『九条ねぎ』と水菜です。途中から、雨が降り出したので手早く頑張りましたが、やはり濡れてしまいましたが、収獲中の『九条ねぎ』はとにかく「お葱です!」と自己主張たっぷりで甘い独特の香りが広がりました。他のお野菜の写真も撮りたかったのですが、雨がこれ以上強くなってはいけないので諦めました。また、台風が過ぎ去った頃に行こうと思います。

 

↓ 選挙と畑に行く以外にも時間は有効活用です。旦那さんが「久しぶりに食べたい」と言っていた『Radio Bagel(レディオベーグル)』のベーグルも買って来ました。10個です。すぐに食べきれない分は冷凍します!!!

f:id:kuksa:20171020170447j:plain

 

旦那さんは、ベーグルにはクリームチーズが必須です。勿論、他の物をサンドする事もありますが、こんなに沢山のベーグルがありながらクリームチーズが無いと言うわけにはいかないので、途中のスーパーにて購入しました。そして、1番上に乗っている黄色のベーグルはかぼちゃ入りの〝パンプキンベーグル〟です。旦那さんはかぼちゃがあまり好きではありません。でも、私は大好きなのです。なので、1つだけ買いました。だって、10月16日に販売開始となった秋限定なんです!これは、買わずにいられません。

 

と言う事で、明日からはベーグルサンドの朝食です。旦那さん、よろしくお願いします!!!

エビチリにチーズがっ。

今日は滋賀在住のママ友と待ち合わせ。子ども達も椅子を使わずに安全に座れる様に、と中華料理屋さんのお座敷個室を予約しておいてくれました。友達はマーボー丼(?)らしき物を選び、私は悩みに悩んだ結果〝たっぷり野菜のえびとチーズのチリソース〟がメインのランチコースにしました。

 

↓ 一見普通のエビチリですが、チーズが入っています。

f:id:kuksa:20171019225325j:plain

 

初めて見る組み合わせです。確かに一口食べてみると、えびを食べたはずが、伸びる伸びる…。とっても不思議な味わいで、チーズのせいか妙にコクがありました。スープの他、ご飯はお粥を選んだのでベビーちゃんにもお裾分け。持参していたパンの間にお粥も食べてご満悦。流石にエビチリはあげられませんでしたが、とても欲しそうにしていました。その後は、子どもたちが遊べるスペースに連れて行って貰い、広い場所にて色々なおもちゃで遊んで楽しそうにしていました。ベビーちゃんはお気に入りのおもちゃと出会うことが出来ました。その名は『マグフォーマー』と言うそうです。磁石のマグと形作るフォーマーから来ている造語だそうですが、ベビーちゃんを釘付けにしました。未だまだ小さいので少量のセットを購入しようかと思いますが、複数のピースを組み合わせるととても立派な造形も作れるそうで、年齢と共に買い足しが可能なのも魅力です。でも、何となく、子どもの頃にレゴが大好きだった旦那さんもはまりそうな気がします…。

 

では、今日はここまで。

バイ貝って正しくない。

今日、スーパーの漁港直送コーナーにて生きた〝バイ貝〟を発見しました。ふと「旦那さんは巻貝などの貝類が好きだったなぁ~」と思い、買ってみました。

 

↓ 煮て食べるのが一般的らしく、早速やってみました。下茹でをして味付けの為に煮る。ただそれだけなので、とても簡単でした。

f:id:kuksa:20171014235906j:plain

 

器は、以前旦那さんが陶芸体験で作ってくれた物です。随分分厚いですが、妙にそれが手に馴染み、気に入って使っています。今まで、生きた状態の物を見た事が無かったのですが、パックにくっついた〝バイ貝〟はちょっと気持ち悪い様な気もしましたが、試しに買ってみました。ですが、初めての調理にも関わらず手軽に美味しく出来ました。

そこで〝バイ貝〟について少し調べてみました。居酒屋さん等では〝バイ貝〟と表記されている事が多いのですが、正しくは『バイ』〟であって〝バイ貝〟では無いそうです。そもそも〝バイ貝〟のバイは、貝の音読みなので〝バイ貝〟は語義が重複しており〝カイカイ〟になってしまうのだとか。その為、貝は付けずに『バイ』が正解なのです。旬は3月頃~夏と言う事で、思いっきり外れていました。この『バイ』ですが、日本において古くから馴染みのある貝であり、昔遊びを代表するレトロな〝ベーゴマ〟は〝バイゴマ〟が元になっています。昔は、この貝の先端部分を切って中に鉛を入れて作っていたそうです。

貝類が大好きな旦那さん、爪楊枝を使ってくるんと抜き出して上手に食べていました。しかも、全部!!!また、見つけたら買ってみようと思います。

 

では、また。

シャボン玉がふわふわ。

今日のお天気は、秋らしさがどこへやら…とっても日差しが強くて暑い1日でした。とにかくお天気!運動会日和です。そんな中、親子でシャボン玉をしに『宝ヶ池公園』へ行って来ました。シャボン玉をするなんて何年ぶりでしょうか?随分前に懐かしく思い買っていた物を、今日遂に!です。

 

↓ ゆっくり優しく吹くと大きなシャボン玉、勢い良く吹くと小さなシャボン玉が沢山。そんな事もすっかり忘れていました。

f:id:kuksa:20171008213922j:plain

 

↓ すぐに消えてしまう物もあれば、いつまでもふわふわしている物もあります。

f:id:kuksa:20171008213949j:plain

 

↓ どこまでも、空に向かって飛んでいきますが、消えてなくなってしまう前には、形が歪になる様です。

f:id:kuksa:20171008214314j:plain

 

ベビーちゃんにとって初めてのシャボン玉。最初は少し苦手そうにしていましたが、慣れてからは手を出して、捕まえたい!と頑張っていました。シャボン玉の魅力、感じられた様です。

宝ヶ池公園』へ出掛けるとなると、シャボン玉をしているばかりではありません。自然を楽しみます。今回も色々な種類のきのこを発見しました。

 

↓ 今日1番多く見られた『カキシメジ』です。至る所で発見しました。

f:id:kuksa:20171008214610j:plain

 

↓ 名前に〝シメジ〟とついてはいますが、毒きのこで食べられません。『カキシメジ』は特に食用きのこと間違えられやすく、日本において食中毒の最も多いきのこの1つとされています。

f:id:kuksa:20171008214637j:plain

 

↓ 1つ抜いて裏返してみると、傘の中はこんな感じです。

f:id:kuksa:20171008214728j:plain

 

公園の中で、この様なきのこを観察していると多くの方々に声を掛けられます。今日も「何されてるのですか?」「何かいます?」と…。中でも最も面白かったのが「何してるんや?」と話し掛けて下さったおじいちゃんです。「きのこを見つけたので…」と返事をすると「この辺で食べられるきのこは、マツタケしか出ぇへんやろ?」と。多分、この一言、色々間違っています。そんなに簡単に『マツタケ』は出ていませんし、食べられるきのこも相当沢山出ています。1番怖いのは、何か他のきのこを『マツタケ』だと思い込んでおられる事です。そうで無ければ良いのですが…。

 

↓ 続いて、こちらも同じ様な茶色いきのこです。『チチアワタケ』です。

f:id:kuksa:20171008214806j:plain

 

↓ 裏返してみると全く違う種類である事が分かります。さっきはひだ状、今回はスポンジ状。それも、細かいスポンジ状です。

f:id:kuksa:20171008214840j:plain

 

前回のブログで『チョウジチチタケ』をご紹介しましたが、こちらも〝チチタケ〟と言う名前がついている通り、裏側に乳白色の液体が出ています。ですが、種類は全く異なります。

 

↓ またもや茶色いきのこ『ヌメリイグチ』です。比較的良く見られる種類ですが、今日は1つしかありませんでした。

f:id:kuksa:20171008214918j:plain

 

↓ 裏側は『チチアワタケ』同様にスポンジ状です。〝アワタケ〟とつく物を含む〝イグチ〟の仲間は一部を除いて多くがスポンジ状をしています。

f:id:kuksa:20171008214945j:plain

 

ここからは、茶色では無く、少し色味のある可愛らしいきのこをご紹介します。

 

↓ 種類は分かりませんが、苔の上にちょこちょこと生える姿が可愛らしいきのこです。

f:id:kuksa:20171008215027j:plain

 

↓ 『クヌギタケ』です。一ヶ所に沢山生えている場合が多いですが、今回はあまり密集していませんでした。

f:id:kuksa:20171008215102j:plain

 

↓ 『ベニヒダタケ』です。何とも素敵な色と姿です。

f:id:kuksa:20171008215150j:plain

 

↓ ホウライタケの仲間です。少し太めの針の様な軸をしたきのこです。

f:id:kuksa:20171008215419j:plain

 

↓ パッと見た感じは地味です。でも…『ムラサキシメジ』なのです!

f:id:kuksa:20171008215450j:plain

 

↓ 裏返すと鮮やかな紫色。一瞬戸惑う色ですが、食用になるきのこです。

f:id:kuksa:20171008215523j:plain

 

↓ 一見きのこに見えない形をしていますが、これもきのこ『ホコリタケ』です。真ん中が破れると、そこから、ぱふぱふと胞子が飛ばされます。

f:id:kuksa:20171008215554j:plain

 

きのこには、胞子の作られ方によって、きのこらしい形をした物を中心に担子菌(たんしきん)とそうではない子嚢菌(しのうきん)に分かれます。きのこらしい形と言っても『シイタケ』の様な王道の物から『マイタケ』や『キクラゲ』の様な変わり種の物も含みます。先程の『ホコリタケ』も担子菌です!それに対し、子嚢菌の代表選手がこちら…

 

↓ 『ズキンタケ』です。

f:id:kuksa:20171008215622j:plain

 

他に子嚢菌の有名選手はフランス料理の食材〝morille(モリ―ユ)〟として人気の『アミガサタケ』等があります。

 

↓ 最後は、大きな大きなどんぐり『クヌギ』でした。

f:id:kuksa:20171008215646j:plain

 

今日は、親子3人でシャボン玉。ベビーちゃん同様に旦那さんも楽しんでいました。途中で買って貰ったバニラと抹茶のソフトクリームも堪能し、良い1日でした。

では、また近い内に。

ご褒美は…絶品アイス。

今日は、旦那さんのお仕事のお手伝いをして来ました。そして、お手伝いのご褒美(?)として大好きなカフェ『茂庵(もあん)』でナッツとキャラメルソースがたっぷりのバニラアイスを頂いたのでした。

 

↓ これ、これです!このアイスクリームがお気に入りです。

f:id:kuksa:20171004202338j:plain

 

横に添えてあるパイも美味しいのですが、何と言ってもアイスクリームとナッツ、キャラメルソースの組み合わせが最高です!これ迄にも何度も訪れていますが、いつもは椅子席。今回は、初ソファー席でした。お陰で、ベビーちゃんを抱っこせずに楽しむ事が出来て感激です。それに、ソファー席は真ん中に2セットしかないのでちょっとレア席なのです。

 

↓ 沢山のお客さんが待っておられましたが、ちょうど入れ替わりのタイミングでお店の約半分がお客さん0に!!!天井の梁や床に使われている檜が一層美しく見えました。

f:id:kuksa:20171004202931j:plain

 

いつも満席なので、こんな写真が撮れるなんて珍しい事です。それに、カウンター席だからこそ眺められる市内の景色が見られる特別な席も空席でした。

 

↓ ちょうどお客さんが離席されたタイミング。『茂庵』で使用されている作家さん(?)のグラスが残っています。以前、このグラスを作っておられる方の個展・販売会をされている時にもお邪魔しました。

f:id:kuksa:20171004203633j:plain

 

そして、存分に寛がせて頂いた後、お会計を!と思いレジの場所に向かうと、オーナーさんから「お子さんのいらっしゃる方に…。選んであげて下さい」と、可愛らしい『茂庵』の文字とデザインの入ったメモ帳の籠を差し出して下さいました!!!

 

↓ 私は、ベビーちゃんにお店のグラスのデザインが施されたこちらをセレクト。他に、植物柄もありました。どちらも、光沢のあるインク?で押されたスタンプが素敵です。

f:id:kuksa:20171004204709j:plain

 

お店は、子どもを特別歓迎する雰囲気はありません。どちらかと言うと、大人の方が来られる場所です。それなのに、温かく迎えて下さり、座席やプレゼント等、細やかなお気遣いが本当に嬉しくなりました。やはり『茂庵』が大好きです。ベビーちゃんも、自分用のお菓子を食べながらご機嫌にしていたのが、良かったのかもしれません。

 

↓ 座席が空く迄、のんびりと眺めていたお花も素敵でした。

f:id:kuksa:20171004205435j:plain

 

↓ 『ホトトギス』です。

f:id:kuksa:20171004205616j:plain

 

↓ 『フジバカマ』です。秋を感じます。

f:id:kuksa:20171004205659j:plain

 

『吉田山』の山頂にある『茂庵』ですが、そこへ向かう道中では色々なきのこを見学する事が出来ます。

 

↓ 今日、最も鮮やかな色をしていたきのこ『ハナガサイグチ』です。同じ様に黄色いイグチの仲間はありますが、こんなに濃い色をしているのは『ハナガサイグチ』です。手前には別の種類のきのこも生えていました。

f:id:kuksa:20171004205855j:plain

 

↓ こちらは、薄紫っぽい色が魅力的なきのこですが種類は分かりません。フウセンタケの仲間だと思います。

f:id:kuksa:20171004205954j:plain

 

↓ 種類は分かりませんが、可愛らしいきのこ2種です。

f:id:kuksa:20171004210038j:plain

 

↓ 名前の由来になっている通り、乳が出ているきのこ『チョウジチチタケ』です。前半のチョウジは、きのこ本体を乾燥させると丁子の香りがするからだそうです。

f:id:kuksa:20171004210148j:plain

 

↓ 淡いオレンジ色が魅力的な『カバイロツルタケ』ですが、ツルタケ系のきのこはどれもスタイルが良く美人なきのこです。

f:id:kuksa:20171004210214j:plain

 

↓ これも種類は分かりません。

f:id:kuksa:20171004210315j:plain

 

↓ 最後は、今日見つけた中で最も大きなきのこをご紹介です。『ニセアシベニイグチ』だと思います。

f:id:kuksa:20171004210524j:plain

 

↓ 横から見るとこんな感じですが、裏側は食器洗い用スポンジの様です。

f:id:kuksa:20171004210559j:plain

 

他にも、沢山の種類と数のきのこを発見しましたが、この位にしておきます。

そして、帰宅後暫くすると、いつもお世話になっている農家さんから電話が!数日前にも「しば漬け、いまあげた(樽から出した)から」と届けに来て下さいましたが、今日は「すぐきの間引き菜いらん~?」と。勿論、私も好きですが、旦那さんが大好物の葉物野菜です!「喜んでお待ちしています~」とお伝えすると、来て下さいました!

 

↓ すぐきの間引き菜はスーパーではお目に掛かれません。

f:id:kuksa:20171004211317j:plain

 

お揚げさんと炊くのは勿論、何にでもあいます。農家さんのおじちゃんは「バター炒めもいけるで!」と教えて下さいました。今晩のご飯は和風だったので、洋風の明日にでもバター炒めをしてみようと思います。

 

今日は、緑の中を歩き『茂庵』にて絶品のアイスクリームを頂く等、何かと充実した1日でした。また、ベビーちゃんは初めて公園で自分の足で歩いて遊んだ記念の日です。ブランコや滑り台では、キャッキャと声を上げていました。

 

では、また近い内に。

と、思っていたら、母からブログの感想と共に「お月さん見た?」と!!!えらい事です。すっかり忘れていました。今日は『中秋の名月』です。

 

↓ しっかり見えました。

f:id:kuksa:20171004221230j:plain

 

写真を撮り、画面を覗くと何だか満月っぽくないなぁ?と思い、調べてみました。すると『中秋の名月』は旧暦の8月15日に見られるお月様をさすので、月齢の満月とは必ずしも一致しないのだとか。今月は2日後の6日に満月が見られるそうです。

 

ではでは、本当にまた近い内に。

ベニシジミを追掛ける。

今日は、旦那さんが休日にも関わらずお仕事だと言うので、ベビーちゃんと2人でお留守番をしました。ですが、冷蔵庫の中を見るとヨーグルトが無い事に気付き、早速お買い物に出掛けました。ヨーグルトは旦那さんと私も毎朝食べますが、ベビーちゃんが必ず毎日食べるので、無いのは困るのです。いつもの通り、抱っこ紐のエルゴに包まれてご機嫌のベビーちゃんですが、ちょうど私の左肩の辺りをひらりと蝶が飛んでいきました。「何だろうね?」と声を掛けると、ベビーちゃんの目の色が変わっています。エルゴから「下ろせ!下ろせ!」と足をバタバタです。靴を履かせていなかったので「ダメだよ~」と言っていると、手で空をかいています。どうしても近付いて見たかった蝶、とまってくれました。

 

↓ 『ヒメジョオン』にとまる『ベニシジミ』です。ベビーちゃん、真剣な眼差しで観察するも、すぐに触ろうとしては逃げられて…の繰り返しです。

f:id:kuksa:20170930212448j:plain

 

以前にも『ヒメジョオン』と『ハルジオン』の違いについて書きましたが、見分け方は花弁。糸状の花弁が『ハルジオン』で幅のある花弁が『ヒメジョオン』です。そして、文字で書く時は漢字で覚えると簡単です!『姫女苑(ヒメジョオン)』と『春紫苑(ハルジオン)』になります。また、時期的にも4~5月頃は『ハルジオン』で、それ以降は『ヒメジョオン』が多いです。生き物好きの私たち両親に似て、ベビーちゃんは既に生き物に興味がある様です。さて、忘れてはならない目的はヨーグルトを買いに行く事でした。蝶に立ち止まり、20分程過ぎていましたが、無事購入する事が出来ました。しかも、ちょっと珍しいヨーグルトです!

 

↓ 旦那さんの地元でポピュラーな『白バラ牛乳』のヨーグルトです。

f:id:kuksa:20170930214412j:plain

 

大山乳業農業協同組合より発売されており、ここ京都でも時々見掛けます。旦那さんによると、子どもの頃の給食でも『白バラ牛乳』が出ていたそうです。いつも『白バラ牛乳』の商品を見つけると「懐かしいなぁ~」と言うので、購入してみました。販売エリアとしては、山陰地区と近畿地区が多いそうですが、私が通っていた学校では異なる会社の牛乳だったので、給食の牛乳のイメージはありません。その代り、子どもの頃に良く行った大山の周辺、そして、お土産や野菜が買える『大山まきば みるくの里』、山陰地方と関西を結ぶ高速のサービスエリアで販売されている〝美味しい乳製品〟としてのイメージが強いです。

 

↓ 『ふるさと認証食品』のマークがついています!

f:id:kuksa:20170930215803j:plain

 

このマークは、3つの言葉の頭文字の〝E〟でデザインされたもので、それぞれ、優れた品質(ExcellentQuality)、正確な表示(ExactExpression)、地域の環境との調和(Harmony with Ecology)の〝E〟で、良い品(イイ品)の証だそうです。それにしても、最後のHarmony~は、頭文字が〝H〟なんですけど、これは気にしないのでしょうか…。

 

↓ 真上から見るとこんな感じ。 

f:id:kuksa:20170930220016j:plain

 

帰宅後の旦那さんに「白バラ牛乳のヨーグルトを見つけたよ!」と見せると、ちょっと嬉しそうに「あっ」と反応がありました。

 

気が付けば、今日で9月も終わりです。明日からは10月、朝晩は妙に冷えたり昼間は暑かったりします。体調管理を怠らず、親子3人元気に過ごしたいと思います。

 

では、また。