沖縄とタイが出会った。

新型コロナウイルスで自粛生活を送る前、日常的に訪れていたお店が幾つもありました。そんなお店の数々が、今となっては存続しているのかなくなってしまっているのかも分かりません。少しずつ、身近な所から再訪してみたいと思うのですが、またもや新規感染者数が徐々に増加傾向にあり、中々足を踏み出せずにいます。今の所、必要な用事があって行く場所、その周辺から攻めています。今日は『 Asian chample foods goya』へ行きました。美味しい沖縄料理を中心にアジア料理が食べられるお店です。でも、テイクアウト!お弁当にしました。

 

↓ 初めて注文したお弁当〝沖縄ソパッタイ弁当〟です。タコライス弁当や海ぶどう弁当といった、他にはないお弁当もあります。

f:id:kuksa:20200712214844j:plain

 

沖縄そばの麺で作られたタイ料理のパッタイで沖縄とタイが出会ったお料理です。具沢山で麺がモッチモチ。おなか一杯になるボリュームでした。何度も訪れているのに、初めて目にするメニューだったのには理由がありました。私たちはいつもランチでお世話になるのですが〝沖縄ソパッタイ〟はディナーメニューなんだそうです。ベビーちゃんも安心して食べられる優しい味わいで、辛みはありません。他にも〝ゴーヤーチャンプルー弁当〟も注文しました。満腹、満腹です。

 

今日も良い1日となりました。

マスクに手洗い・うがいを忘れずに楽しい日々を過ごしたいと思います。

では、また。

本格的過ぎた?カレー。

気が付けば前回の更新から随分時間が過ぎていました。まぁそれにしても、時間が早く過ぎ去る事…。年がら年中、師走のような日々ですが、毎日元気にやっています。そして今日は、新型コロナウイルスの自粛期間を経て本当に久しぶりにいつもの奥様とご一緒させて頂きました。行先は『京都芸術大学』すぐ傍、ほぼ大学と一体化?した場所にあるカフェです。これ迄は略して〝造形大〟と呼んでいた『京都造形芸術大学』でしたが、名称変更され、現在の『京都芸術大学』となりました。それでは訪れたカフェをご紹介…

 

↓ 『Verdi Le café Artisanal カフェ ヴェルディ 京都芸術大学店』です。本店は下鴨にあるそうです。朝8時半から開いています。いつもの奥様はモーニングセットかな?私はコーヒーとカップに入ったフレンチトーストにしました。

f:id:kuksa:20200710165313j:plain

 

↓ 注文したモーニングを頂きながらお店を見渡して見ると、店内中央には、スパイスの瓶が沢山ある事に気付きます。

f:id:kuksa:20200710165237j:plain

 

一見、普通のカフェですが、ランチの時間帯にはこだわりのカレーを提供されていると知りました。色々調べてみると、とても手の込んだカレーだそうで、店主さんはカレーに関する本も出版されているとの事。

 

↓ カルダモン等は3粒?程度から、小さな粒や粉の物は大匙1杯からの販売で最小販売単位がとても少ないのが魅力的です。しかも、お値段は最小販売単位で1袋50円~?!

f:id:kuksa:20200710165255j:plain

 

写真は購入した物。コーヒ豆は100gからの販売で、お試しに〝瓜生山ブレンド〟を100g選びました。瓜生山(うりゅうやま・うりゅうざん)とは、この『京都芸術大学』がある山の事です。それに加え、スパイスコレクションをしている旦那さんに幾つかお土産で購入しました。臭いと有名な『ヒング』も買いました。これらのスパイスを袋にまとめて鞄に入れて持ち帰りましたが、なんとも強烈な香りでどれがどの香りなのかもわからない、そして思わず「鞄で漏れているのでは?」と思う程、パンチのきいた状態になりました。そして、いよいよお昼時となり、ランチをどうしようかと検討した結果、こちらのカレーが有名らしいとの情報から、引き続きランチタイムも滞在してしまいました。

 

↓ 奥様の野菜カリー。メニューの説明には、ブルーベリーベースのカレーソースと、トマトの中にはココナツ風味の野菜カリーとありました。トマトの器が可愛らしく、数量限定メニューとありました。

f:id:kuksa:20200710165213j:plain

 

↓ そして私はこちら。ヴェルディのカリープレートです。メニューによると、日替わりのカリー4種に、ほろほろになるまでスパイスで煮込んだチキン、ミニサラダ、ミニスープ、珈琲がセットになったプレートで、欲張って選びました。

f:id:kuksa:20200710165134j:plain

 

先ずは右端の豆カレーから頂いてみました。メニュー通りの表記にするならばカレーでは無くカリーの様です。そして思ったより食べやすい味わいでした。豆カレーから順番に反時計回りで挑戦です。豆カレーよりも少しずつスパイスの強さが感じられます。そして3番目に食べたのが…「あぁぁぁぁぁ!」と声が出そうになりました。私の苦手なマトンでした。。。どうやら、私には最初に頂いた豆カレーが1番あっていた様で、全体的に本格的過ぎる?カレーでした。朝早くからあいていて便利なカフェですが、次回以降はカフェ利用で楽しもうと思います。そして「私はスパイスにこだわりがある!」と言う友達には是非教えてあげたいお店となりました。

 

では、今日はここ迄。

少し前に届いてました。

年2回、必ず注文するものがあります。それが『LUPICIAルピシア)』お茶の福袋です。今月中頃に届き、日々色々なお茶を楽しんでいます。

 

↓ お茶を淹れるのは旦那さんの担当。茶葉を買っておくのは私の担当です。手軽に入れられるティーバッグとじっくり淹れられる茶葉の2箱発注です。

f:id:kuksa:20200630233319j:plain

 

↓ 今回、初めて入っていたお茶もありました。

f:id:kuksa:20200630233343j:plain

 

ドライフルーツたっぷりのお茶で甘い香りが楽しめます。「あ、これ初めて!」と言う私に旦那さんも「また淹れるわ~」と嬉しそうな反応、早速楽しませてくれました。お茶とお菓子、忙しい毎日にほっと一息つくのに大切なアイテムです。そろそろ本格的に暑くなってきたので、アイスティーが美味しい季節です。

 

では、明日から7月!!!また頑張ります。

牛乳はどこへ行ったの。

今日は、久しぶりに私の大好きな『白バラ牛乳』製品について書いてみます。今回、ご紹介したいのがこちら。

 

↓ 〝抹茶もなか〟と〝大山みぞれ〟です。

f:id:kuksa:20200629234710j:plain

 

〝抹茶もなか〟は、京都府宇治茶を使用した抹茶のアイスと小豆あんが絶妙なバランスのもなかアイスです。小豆あんはほんの少し甘めですが、凍っている状態でアイスと一緒に食べるのにはちょうど良い感じです。そして、今回特に気になったのが〝大山みぞれ〟です。〝大山みぞれ〟は、特に何が入っているでも無く、普通のみぞれのかき氷です。でも、良く考えたら不思議な事に気付きませんか?これ、まぎれもなく白バラ製品なのに、白バラのウリである牛乳関連が全く入っていないのです。似た商品に〝練乳かき氷〟があるらしいのですが、こちらはきっと練乳部分に牛乳が使われているのだと思いますが〝大山みぞれ〟には牛乳関連の物がやはり含まれていません。なんとも不思議です。ですが、実際に食べてみると、白バラ製品らしい優しくもしっかりとした味わいのみぞれで大満足でした。これからも、色々と試してみたいと思います。

 

では、今日はここ迄。

はじめましての出会い。

ずっとずっと昔から、子どもの頃から「いつかは会いたい!」と思っていた念願の生き物に出会う事が出来ました。これまでにも何度か山や道路で羽根だけが落ちていたり、ぺったんこに潰れてしまっていたりする姿は見掛けた事があったのですが、今日初めて動いている姿を見る事が出来ました。それが…

 

↓ 『タマムシ』です!!!体全体が金属光沢でピカピカに光っています。

f:id:kuksa:20200625224503j:plain

 

↓ 角度を変えて。

f:id:kuksa:20200625224723j:plain

 

丁度、幼稚園にお迎えに行った帰り、ベビーちゃんは後ろの座席に座ってご機嫌で鼻歌らしき良く分から無い声を出して唄っていました。そんな声に耳を傾けながら、いつも通る道を走行していました。すると、何だか道路のど真ん中に緑色の様な黒い様な不思議な形の物が落ちていました。そう、これが『タマムシ』との初めての出会いです。急いで拾い上げ、そのまま連れて帰って来ました。家では、旦那さんに見せ、ベビーちゃんが少しの間だけ観察をして逃がす事にしました。その後は、自宅のベランダにそっと放していますが、ベランダのネットが妙に気に入った様で今も寛いでおられます。明朝には、飛んで行っているかな…?すぐ近くには『タマムシ』が好きな樹木もあるので、エサに困る事は無さそうです…

 

今日は念願の『タマムシ』に出会う事が出来、充実した1日になった様に思います。

では、また近い内に!!!

そろそろ枝豆を収穫~。

今日は終日大忙しの1日です。朝から枝豆の収穫に行ってきました。そろそろ食べ頃になっていると聞いたので試しに見に行ってみると…確かに良い感じでした。あと数日してからの方が更に実が太る様な気もしますが、あまり成長すると、莢の中にプラスチックの板みたいな物が出来てしまうのでこの数日の内が良さそうです。

 

↓ 引き抜いた枝豆。

f:id:kuksa:20200623215755j:plain

 

↓ 沢山実っています。

f:id:kuksa:20200623215814j:plain

 

ですが、持ち帰って莢の部分を外すと随分減り、更に食べられる豆の部分となるとごく少量です。枝豆は食べられる所よりも捨てる枝の方が多いです。畑で収穫をすると手間は掛かりますが、茹で立ての枝豆は格別の甘さで、ベビーちゃんは枝豆をベランダに持ち出し、涼みながらおやつにしていました。さて、今日は折角なので〝実〟繋がりで枝豆の他2種類の実について書いてみます。でも、厳密に言うと枝豆は種子なのですが…。

 

↓ さて、これは何の実でしょう?先日、植物園に行った時に落ちていました。

f:id:kuksa:20200623215843j:plain

 

↓ 場所によっては、こんな感じでゴロゴロ落ちています。

f:id:kuksa:20200623215906j:plain

 

↓ 1つ拾って半分に割ってみると種子が見えます。

f:id:kuksa:20200623215923j:plain

 

↓ 見上げてみると、木に沢山実っています。

f:id:kuksa:20200623215940j:plain

 

もうお分かりでしょうか?先程見えていた種子は杏仁(きょうにん)で、薬にも用いられます。その名は…

 

↓ アンズでした!

f:id:kuksa:20200623220014j:plain

 

春には、桜が咲く前に梅に似た可愛らしいお花が咲きます。国によっては、お花見の対象にもされています。

 

↓ 続いてはこちら。これは少し難しいかもしれません。

f:id:kuksa:20200623220033j:plain

 

↓ これも、アンズに似ている木なんです。

f:id:kuksa:20200623220100j:plain

 

↓ 落ちている実を割ってみると…扁桃の部分が出て来るはずが、既に虫が入っていました…。

f:id:kuksa:20200623220118j:plain

 

扁桃と言えば、扁桃腺が思い浮かぶかもしれませんが、それは喉の奥がアーモンドの形をしているからです。因みに、最近では扁桃腺とは言わずに単に〝扁桃〟と言うそうです。その理由は〝腺〟では無いからだそうですが、それは昔から分かっていた様な気もします…

 

↓ と、言う事で答えはアーモンドでした。

f:id:kuksa:20200623220204j:plain

 

実は、アンズもアーモンドも同じバラ科サクラ属でサクラや梅と仲間です。似ている様で似ていない気もする…のが正直な所です。

 

では、今日はここ迄。

真っ白な植物…かなぁ。

今日は日曜日。父の日でもありますが、特別変わった事も無く、お散歩に行く事にしました。お散歩も十分楽しみ、そろそろ帰ろうかと言う頃に不思議な植物らしきものを見つけました。それがこちら…

 

↓ 側溝の落ち葉の中から白いもやしの様なアスパラガスの様なつくしの様な…何だかよく分からない物です。植物らしいのですが、何だか分かりません。

f:id:kuksa:20200621153616j:plain

 

でも、良く見ると以前見つけた『ギンリョウソウ』にも似ています。旦那さんにも「これ、何だろう?」と聞いてみるも、はっきりした事は分かりません。『ギンリョウソウ』の仲間であれば、葉緑素を持たない植物です。そして、色々な角度から観察の上、帰宅して調べると種類が分かりました。

 

↓ 種類は『タシロラン』と言うそうです。やはり、これも葉緑素を持たない植物で、菌従属栄養植物(腐生植物)と呼ばれる仲間です。これらは、落ち葉等の養分を貰って根に菌類を共生させて菌類を介して養分を得ます。

f:id:kuksa:20200621153644j:plain

 

種名『タシロラン』の由来は、明治39年に発見した田代善太郎(たしろぜんたろう)に因み、牧野富太郎命名したそうです。その為、漢字で書くと『田代蘭』です。環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧種(NT)、京都府レッドデータブックでは要注目種に登録されています。この種は、落ち葉が堆積した場所で見られる為、今日見つけた様に側溝で見つかりやすいそうですが、溝掃除が十分行われたりそもそも落ち葉が堆積する場所が減った事で減少していた様ですが、近年また増えてきているのでは?とも言われているそうです。まぁ、どちらにしても珍しい物に出会えて好運な1日でした。

 

では、今日はここ迄。