ゴーヤを食べるなんて。

うちのベビーちゃん、ゴーヤを食べました。びっくり!そもそもゴーヤって何歳から食べても良いの?と思い調べてみたところ、1歳過ぎから、2歳から…等々と色々な情報がありました。そして、結論として「大抵の子どもは苦みから食べない」とありました。それならば、大丈夫かな?と思い、今晩の夜ご飯に旦那さんが好きな『ゴーヤチャンプル―』を作ってみました。ですが、私はゴーヤがあまり得意ではありません。その理由は苦みです。なので、ゴーヤの苦みを取る方法をいくつか試し、その上で調理をしました。その結果!全く苦くなかったのです。私、そこそこの年齢になって初めてゴーヤをきちんと美味しく食べられました。そして、ベビーちゃんにもお皿に少しのせてあげると…食べました!しかも、中々の勢いです。ベビーちゃん、何とゴーヤ好きでした。私はこの年になって克服したゴーヤの苦み、未だ2歳にもならないベビーちゃんに負けました…。

 

↓ 調理したゴーヤは左下の2本。野菜は全ていつもお世話になっている農家さんより届いた物です。

f:id:kuksa:20180619203152j:plain

 

話は変わって、昨日の朝は地震で目が覚めました。昨日はちょうど、旦那さんの仕事の関係で朝早く起きる必要がありませんでした。その為、前日に朝方迄サッカー、ワールドカップの試合を見ながらそれぞれ仕事をして過ごしたので「そろそろ起きようかな?」と言う時間だったのです。久々の大きな揺れ、急いで起きて様子を見ました。旦那さんも私に続いて地震の揺れで目を覚まし、ベビーちゃんも「何だ何だ?」と起きて来ました。そして、携帯から流れる警報音に驚き、旦那さんに飛びついていました。私はその頃、携帯や貴重品を取りに動いていました。大阪と京都周辺を襲った地震、とにかく今後、大きな余震が無い事だけを願っています。地震の発生と共に、家族や友達から安全確認の連絡を頂きました。とても有難い事です。父に関しては、大阪にある会社に既に到着していたそうです。交通機関の多くが不通となり、実家のある兵庫県迄帰れるのかな?と心配しましたが、早々に動き出した新幹線で帰宅したそうです。会社やその近くに泊まらなければならないとなると、地震が大嫌いな母が心配だと思い気になりましたが、そこは流石、父です。距離的に歩いては帰る事は出来ませんが、何としても帰宅しようとした様です。母からは「お父さんが帰って来た~」と喜びながらの連絡、父からは「帰っているから安心してね」と報告がありました。

 

今日はここ迄、ゴーヤと地震のお話でした。

トマトがうっすら赤く。

今日の午後、畑に行きました。いつもお世話になっている農家さんから「ミディトマトが色付いてる」とお聞きしたので、早速です。

 

↓ 確かに、うっすら赤くなっていました。可愛らしいトマトが連なっています。

f:id:kuksa:20180617230517j:plain

 

↓ 周りを見渡してみて、1番赤いトマトがこれでした。全体的に未だ緑が強いです。

f:id:kuksa:20180617230540j:plain

 

そこで、ふと気になりました。「ミディトマトって何だろう?」と。トマトの品種でも無いし、何者?!と気になります。そして、調べてみると、ミディトマトは、大玉種のトマトとミニトマトを組み合わせ、品種改良を重ねて誕生した中玉種のトマトの総称だと言う事が分かりました。なので、ミディトマトにも品種名はそれぞれあり、代表種は『フルティカ』と言う品種だそうです。では、お世話になっている農家さんが育てて下さっている苗は何と言う品種なのでしょうか?また、聞いてみようと思います。ミディトマトの特徴は、1個当たり50グラム前後の大きさで、果肉がしっかりとしている点だそうです。一般的に、栄養価の面で見ても、大玉種のトマトと比較して、高栄養でリコピンが多いとの事。小さくても濃い味わいの美味しいトマトが多いそうです。今回は、比較的赤い物を4つ収穫して来ましたが、それぞれの重さは大きい物から61.6グラム・61.4グラム・50.9グラム・35.0グラムで平均すると52.255グラムでした。未だ完熟と言える色には達していなかったので、暫くベランダで日に当てていました。すると、旦那さんが「カラスがベランダのトマトを狙っているよ~」と。慌てて、カラスの届かない所に移動させました。次回は、木で完熟になるのを待って収穫して来ようと思います。

 

昨日の事、午前中は特別な用事があり『石清水八幡宮』近くへ出掛けました。そして、午後には午前中にお世話になった方に京阪『樟葉駅』に送り届けて頂きました。気が付けば、朝は京阪『八幡市駅』で京都府八幡市でしたが、帰りは京阪『樟葉駅』だったので、いつの間にやら大阪府枚方市に居ました。そこで昼食です。旦那さんは、午後に用事があったので、一緒に昼食を済ませた後に向かいました。私は、真っ直ぐ帰っても良かったのですが、そうそう来るチャンスも無い場所に来たので一通り見て帰る事にしました。

 

↓ 駅前の『くずはモール』は名前だけは聞いた事のある場所でした。

f:id:kuksa:20180617230620j:plain

 

↓ 色々なお店があり、あちこち眺めているとアンパンマンの衣服を販売するお店を見つけました。

f:id:kuksa:20180617230701j:plain

 

ベビーちゃんはアンパンマンが大好きです。私もキャラクターとしては大好きです。ですが、衣服には取り入れたいデザインでは無いのです。なので、販売用の棚になっているアンパンマン号を見学してお店を後にしました。このアンパンマン号、時々、アンパンマンの声が聞こえる様です。でも、どうしてアンパンマン号からアンパンマンの声がするのか少し不思議になりました。大抵、運転しているのはジャムおじさんやバタコさん、チーズだと思うのですが…。

 

では、また。

のんびりアイテム到着。

毎日忙しく、ブログの更新もままならない日が続きました。上等では無い言葉を使えば、くそ忙しく忙殺されていたのです。何とも酷い表現…。そして、その言葉の通り、バタバタと分単位で動き回り、気が付けば1日が終わると言うよりも既に次の日が来ている毎日なのですが、案外頑張れる物です!その理由は何だろう?と考えれば、うちで大切にしている〝のんびりお茶をする時間〟があるからだと思います。少し前から、デンマークの言葉『Hygge(ヒュッゲ)』と言う言葉がちらほら聞こえてきますが、これは、世界幸福度ランキングで常に上位にランキングするデンマークらしい考え方、暮らしの在り方の事です。冬が長く、厳しい寒さのデンマーク、そんな環境下でも心地よく前向きに過ごそうとする事をひっくるめて『Hygge』と言うのです。適切な和訳は無いのかもしれません。そんな『Hygge』は、家族と心地よい時間を過ごそうと環境を作り、家族が集まる場所こそを『Hygge』にする事、その時間の中に仕事を持ち込まない事など、色々な方法?ちょっとしたルール?の様な物があるそうですが、正直日本に住んでいてデンマークと全く同じ『Hygge』を目指すなんて無理な話です。ギャップを感じていては、そこにストレスが溜まります!ですが『Hygge』の要素を取り入れる事は何ら負担の無い事です。うちでは、勿論、家の中で仕事の話もするし、そもそも『Hygge』をする体力も消えてしまいそうな状況で睡魔に襲われている事もあります。←特に旦那さん。それでも、一緒にお茶をしながら日々の事、今思っている事や考えている何気ない事を話す時間は貴重です。直前迄、お互い必死になってやるべき事や仕事を取り組んでいても、その時間は〝のんびりお茶をする時間〟です。ある意味、うちの『Hygge』なんだと思います。そんな『Hygge』に必要な物が届き、ちょっと嬉しい気分です。

 

↓ うちの『Hygge』、〝のんびりする時間〟に必要不可欠『LUPICIAルピシア)』のお茶です。年に2回の福袋で買い込み、それ以外は好きな物を時々お店で購入です。今回はティーバッグとリーフティーの2つのコースで注文しました。

f:id:kuksa:20180615151327j:plain

 

抹茶黒豆玄米茶の大きなティーバッグも入っていました!選んだコースがバラエティーコースなので、色々なお茶が入っています。ティーバッグは手っ取り早くお茶を淹れたい時に活用です。

 

↓ リーフティーは、のんびりじっくり楽しむ用。コーヒーを淹れるのは基本的に旦那さん。お茶の担当は私であったり、旦那さんであったり…。

f:id:kuksa:20180615151352j:plain

 

リーフティーは、ノンカフェインやローカフェイン・ハーブティーのコースです。旦那さんが、ルイボスティーが大好きなのでこのコースは良く頼みます。ですが、ここ最近は困った事に、どうやら旦那さんはカモミール系・レモングラス系のお茶にアレルギーが出ている様です。花粉症はありますが、食品へのアレルギーなんて無かったはずですが、飲むと苦しくなるんだそうです。これでは〝のんびりお茶をする時間〟や『Hygge』なんて言っている場合ではありません。今回も早々に外しておかなければならないと思っています。そうしなければ「今回はどうかと思って試しに飲んでみた!」と言いかねません。何事ものんびりがちな旦那さん、反応が出るお茶を飲みながら「最近、喉の辺りが腫れると言うか苦しくなるんだよねー…」と申告して来るとは、困ったさんです。

 

↓ こちらはおまけ。選べるおまけですが、最近は茶葉のおまけかハンディークーラーと言うポットのハーフサイズしか選べなくなりました。その為、既に何個もあるハンディークーラーは必要ないので、茶葉を選びました。

f:id:kuksa:20180615151424j:plain

 

左側がティーバッグ15種セット。右側が今回初めて?のアイスティーセットです。アイスティーセットは3種のフレーバー(緑茶グレープフルーツ・紅茶Rosé Royal・紅茶LA BELLE EPOQUE)が4個ずつになっています。これらのおまけの茶葉、比較的すぐに在庫なしで選べなくなってしまいます。今日は沢山のお茶が届いてご機嫌です。お茶を飲みながらゆっくりするのも楽しみ、そしてお茶を淹れる前に「どれにする~?」と選ぶのも楽しみな時間です。

 

↓ 〝のんびりお茶をする時間〟に無くてはならないアイテムがもう1つ!お菓子です。今晩は、昨日『TODAY'S SPECIAL』にて購入した愛知県の焼菓子屋さん『菓子屋ワタリドリ』さんのクッキーがあるので頂きたいと思っています。

f:id:kuksa:20180615151450j:plain

 

左側は有機レモンピールのクッキー、右側はお店の定番らしいワタリドリクッキーです。厳選した材料で丁寧に作られたお菓子だそうです。楽しみだなー。

 

では、今日ここ最近の日常の様子をお届けしました。

また近い内に!

違ったメニューに冒険。

今日は、いつもの奥様とご一緒して来ました。行先は、北山駅周辺でランチにタイ料理の『CHANG‐NOIチャンノイ)』、畑、『京都府立植物園』でした。ここ最近、ベビーちゃんが食べ物に興味深々で何でも食べたがり、更にゴソゴソと動き回るので〝お店〟でのランチは控えめになってしまっていましたが、こちらのお店はお座敷席もあるので久しぶりに訪れました。

 

↓ そして、いつもとは違って!『カオマンガイ』に冒険です。お気に入りのお店に行くと、つい「いつものあれを…」と注文してしまいがちですが、今回は大冒険です。

f:id:kuksa:20180605000241j:plain

 

結果は、正解。いつもの10食限定の『ムーパロ(豚肉の煮込み)セット』や『ムーパットクラパオ(豚ひき肉のバジル炒め)セット』と同じ様に美味しかったです!要は、美味しいお店は、何を食べても美味しいと言う事なのだと思います。また、スプーンを欲しがったりちょろちょろしたりする事が心配されていたベビーちゃんですが、良い感じにお店について自分のお昼ご飯を食べ終わるとすぐに大人しく寝ていてくれました。お陰で、ランチの時間をゆっくり確保出来ました。その後は、畑に行き、大きく育ち過ぎてしまったズッキーニ1本とそこそこ良さそうな大きさのを2本収穫して来ました。いつもの奥さまにもお裾分けをしました。今後、ズッキーニはどんどん実る予定です。自宅での消費に加え、お会いする機会のある方にはお届けしたいと思います。

 

↓ 続いて、最後に…ゆっくりお話を出来る場所を求めて『京都府立植物園』に行きました。日差しが強く、もう夏の様な青空です。

f:id:kuksa:20180605000304j:plain

 

写真には写っていませんが、真っ赤なダリアが空に向かって咲く姿が、一層夏らしさを強調していました。が、しかし!未だ梅雨も来ていません。そろそろ梅雨入りの宣言がなされるかと思います。

 

↓ それにしても暑いです。不思議と、白や青、紫と言った涼し気な色合いの場所に目が行きます。

f:id:kuksa:20180605000331j:plain

 

園内にて、木陰のベンチを見つけてからは、どっしりとそこに座り、お話の時間でした。いつもの奥様に台湾の台中情報をお聞きし、年内には行くであろう台湾について色々とお教え頂きました。その他にも興味深いお話を沢山…。気が付けば、5時の閉園15分前のアナウンスが流れていました。今回も新しい情報の他、お漬物のお土産、そして、少し前から気になっていた『マールブランシュ』の新製品〝茶の菓〟の夏限定仕様を頂きました!夏限定仕様はこれ迄の様にホワイトチョコがサンドされた物ではなく、生地の中に練り込まれた製品です。気温を気にせず持ち運べるとあって人気の商品だそうです。これ迄の定番品に比べ、お茶の香りがより強く感じられる夏とっておきの味わいで美味しく頂きました。

 

これからは夏野菜本番の時期がやって来ます。野菜の収穫にあわせ、いつもの奥様ともご一緒する機会が増えるのでは?と期待しつつ今日はここ迄とします。

では、また。

文房具好きの血が騒ぐ。

私は文房具が大好きです。子どもの頃からずっと…。機能的に美しい機能美の物も好き、ちょっと不便だけど見た目に申し分が無いのも好き、どんな物でも文房具であれば何時間でも見ていられます。時間があれば、文房具を扱っているお店や雑貨屋さんを覗きます。そして先日、久々に「可愛い!」「珍しい!」と思って買った物があります。それが、これ…

 

↓ 誰もが学校生活の中で使った事がある「?マーク」が印象的なマジック模様が描かれた文房具3点です。簡単に言えば文房具メーカーさんの柄の文房具なのです!

f:id:kuksa:20180531231408j:plain

 

マスキングテープ好きにはたまらない可愛らしさですが、書き込める仕様(?)になっていて、マジックの柄が全面では無いのが残念ですが、最高のマスキングテープです。商品名として〝ロールふせん寺西化学工業柄〟となっています!!!付箋は特に柄の違いはありませんが、メモ用紙については4種類のデザインで1冊になっています。

 

↓ その内の1つがこれ。

f:id:kuksa:20180531231442j:plain

 

指のデザインがちょっとリアル過ぎる様な気もしますが、可愛らしいです。これまでにも『サクラクレパス』柄の真っ赤なポーチを愛用しており、普通の文房具そのものが好きだったはずが、いつの間にやら文房具柄迄も大好きになってしまっていました…。自分でもびっくりです。

 

今日で5月が終わり、6月になります。

九州や四国では既に梅雨入りしたと聞いています。さて、京都はいつ梅雨入りするのでしょうか?

 

では、また。

夏野菜初収穫とアサリ。

昨日、夏野菜の初収穫に行って来ました。今年は、昨年と同じ『賀茂なす』と『鷹ヶ峯とうがらし』に加え『ズッキーニ』と『ミディトマト』を増やしました。前者2つは京野菜、後者2つ京都産の野菜ですが、どちらも新鮮な物を頂けるので楽しみです。

 

↓ 先ず、収穫の時期を迎えたのは『ズッキーニ』です。2本収穫して来ました。

f:id:kuksa:20180530035547j:plain

 

↓ それがこちら!花付きの『ズッキーニ』は新鮮な証拠で嬉しいです。

f:id:kuksa:20180530035705j:plain

 

↓ そして『ズッキーニ』のみのはずが、色々な野菜も増えました。しかも『賀茂なす』迄!!!

f:id:kuksa:20180530035635j:plain

  

↓ ピカピカの『賀茂なす』です。

f:id:kuksa:20180530035740j:plain

 

『ズッキーニ』の収穫も終え、さて帰りましょうと歩き始めて暫くすると、電話が鳴りました。いつもお世話になっている農家さんです。「今、どこ?」と。「今、畑を出て歩いていた所です~」とお伝えすると「暫く待ってて!賀茂なすいらんか?いるんやったら走るでー」との事。何と、畑から少し離れた私が歩いていた場所まで車を走らせて届けに来て下さったのです。『賀茂なす』の最盛期は未だまだ先です。出端も出端、最初の最初です。それにも関わらず、2つも分けて頂きました。帰宅後、しげしげと眺めては「賀茂なすは美しいなぁ~」と改めて実感です。そして、夜ご飯の準備に取り掛かりました。前日から『ズッキーニ』の収穫をする事は分かっていたので、収穫したての『ズッキーニ』、鶏肉やアサリ、きのこ等をトマト煮込みにして洋風メニューにする予定にしていました。しかし、思いがけず『賀茂なす』を手にしたので急遽洋食と和食の混ざった不思議な組み合わせに変更かつメニューを追加する事にしました。

 

↓ アサリは冷蔵庫で待機中でした。前日に半分使った残りの大粒アサリでこれもトマト煮込みに入れる事にしよう!と冷蔵庫から取り出しました。

f:id:kuksa:20180530035820j:plain

 

塩水で砂出しをしていましたが、冷蔵庫の中でのびのびと過ごせていた様です。写真では、中に入ってしまっていますが、しっかり水管を伸ばし、リラックスモード全開のアサリ。それを見ていると、妙に愛着がわいてしまい「食べるの可哀想になったなぁ~」と思い眺めていました。すると!何やら最近お気に入りのファンの付いたおもちゃとうさぎのぬいぐるみ、バイキンマンのぬいぐるみを抱えたベビーちゃんがそろりそろりと近付いて来ました。じっと見つめています。「このアサリ、昨日の残りだけど元気にしてるんよ~」とベビーちゃんに報告。

 

↓ その瞬間、躊躇すること無く、ベビーちゃんはアサリへと手を伸ばし…

f:id:kuksa:20180530035845j:plain

 

↓ ぎゅーーーーー!!!折角出している水管も気にせず思いっきり挟んでいます…。

f:id:kuksa:20180530035921j:plain

 

「ダメダメ!アサリが可哀想!」と言うと、容赦ないベビーちゃん!!!キッチンの調理スペースにコロンと置きに行きました。それはもう「さっさと料理して!」と言わんばかりに…。そうなんです、ベビーちゃんは貝類が大好き、アサリが大好きなのです。結局、トマト煮込みの中に入れ、良い味わいとなりました。食べる気満々だったベビーちゃんもアサリを食してご機嫌でした…。「私は食べるから!」と言う意志の強さに驚かされた瞬間でした。

『ズッキーニ』以外の野菜は、収穫迄にもう少し時間を要しますが、今年も美味しい野菜で暑い夏を元気に乗り切ろうと思います。

 

では、今日はここまで。

草木染め体験、第6弾。

今日は久しぶりに〝草木染め〟に行きました。旦那さんは2年ぶり、私は何と2014年の秋以来となり約3年半ぶりでした!草木染めに行くと言う事は、旦那さんのお仕事関係で外国人のお客様が来日されていると言う意味です。今回は、カナダからアメリカ人のご家族です。とっても賢くて可愛らしい子どもたちも一緒でした。旦那さんが急遽「草木染めに連れて行ってあげたいんだけど…」と言い出し、工房の皆様にはご無理をお願いしました。今回は外国人ご家族のみだったので一先ず「藍染めが出来れば大丈夫!」とお伝えしていました。

 

↓ 各自の藍染め作品。娘さんが植物好きらしく、とても楽しみにされていたそうです。その娘さんの作品が手前のストール。

f:id:kuksa:20180527230047j:plain

 

四角い模様がおしゃれですが、中にビー玉を入れて輪ゴムで縛り、輪ゴムの部分をあえて染まりにくくする事で模様を出しています。ビー玉は丸、本来であれば丸の模様が出来るはずが、四角になりました!偶然ですが、素敵な仕上がりとなりました。

 

↓ こちらは旦那さんが染めたドットの地模様が入ったシルクのストール。そして、お土産で頂いたカナダのアイスワイン2本と国旗の小さなバッチです。

f:id:kuksa:20180527231309j:plain

 

午前中から旦那さんは『三千院』にも案内をして、大原観光の1日でした。私とベビーちゃんは草木染め体験以降から合流しました。久しぶりにも関わらず、いつもと同じ様に、そしていつも以上に温かく迎えて下さり、色々なサービスをして下さった工房の皆様に心より感謝申し上げたいです。また、次回外国からのお客様があれば、お連れしたいと思います。皆さん、日本滞在中の思い出の中でも印象に残る素敵な1日になるそうですので…。

 

では、また。