久しぶりに白バラ製品。

最近、日本全国でお天気が不安定で、雨が続いたり季節外れの気温になったりが続いています。京都も例外ではなく、雨がちで昨晩は強風の音が気になって寝られない程でした。また、大阪では4月中旬の気温に上昇したそうです。その為、ベビーちゃんのお散歩も近所にちょこっと出掛ける程度だったり、お家で過ごしたりする事が多く、京都の季節行事を楽しむ事もままなりません。そんな時は、やはり〝白バラ〟製品でのんびりお茶をするのが1番です。年始の帰省で、旦那さんの故郷から帰って来る時に購入した物、京都の生協で注文した物をご紹介していなかったので、今日は久しぶりに『白バラ』製品について書いてみます。

 

↓ 先ずは年始の帰省時に購入した物。可愛いキーホルダーとマスキングテープです。キーホルダーは牛乳の他にも定番のコーヒー牛乳がありましたが、迷った結果こちらにしました。

f:id:kuksa:20200128233003j:plain

 

↓ 帰りの高速バスのトイレ休憩時にはアイスを買いました。

f:id:kuksa:20200128235925j:plain

 

↓ 旦那さんの職場関係のお土産には『寿製菓』の白ウサギフィナンシェを購入しましたが、自宅用には『白バラ』のお菓子2種を選びました。今迄にも何度も食べています!

f:id:kuksa:20200128233234j:plain

 

↓ そして、ここからは初めて出会った『白バラ』製品!生協で注文しました。〝大山みるくマドレーヌ〟です。

f:id:kuksa:20200128233312j:plain

 

洋菓子屋さんやケーキ屋さんで買うマドレーヌは美味しいので好きですが、何故か量産品のマドレーヌはパサパサしているか、ベトベトしているかのどちらかで美味しい物にあまり出会えない印象です。ですが、流石『白バラ』製品!!!しっとりしていて美味しかったです。

 

↓ 最後は期間限定品。これ迄、ミルクティーやほうじ茶オ・レを試した事がありますが、ココアは初です。

f:id:kuksa:20200128234415j:plain

 

↓ パッケージの上部には「本所工場(見学コース完備)」の文字があります。

f:id:kuksa:20200128234632j:plain

 

これはきっと、工場見学が出来ると言う意味だ!と思い、調べてみました。結果は…やはり工場見学がありました!月曜日~土曜日の開催で、毎月第2木曜日と年末年始がお休みだそうです。1日3回、約1時間の案内だそうです。見学希望日の3ヶ月前から、見学日3日前迄の事前申し込み制との事!また、機会があれば行ってみたいと思いました。

 

ではでは、今日はここ迄です。

お馬さんは怖いらしい。

お天気が良かったので『宝ヶ池公園』にお散歩に出掛けました。いつもは池の周りを歩くのですが、今日はベビーちゃんが真逆に走り出してしまったので『京都府警察平安騎馬隊』のお馬さんが居る方向へと向かいました。珍しいコースです。途中、ベビーちゃんが地面に落ちた山茶花サザンカ)の花弁を見つけては集めて歩くので、中々進みませんでしたが、無事到着です。

 

↓ 『大江号』旧名アグネスマクシマムくんです。栗毛色に白が素敵です。

f:id:kuksa:20200126234421j:plain

 

丁度、全身を綺麗に洗い流して貰っている所でした。こちらのお馬さんは、競馬場での経験があります。『大江号』は、中央競馬で48戦4勝した後、兵庫県での乗用馬を経て平成24年11月14日に騎馬隊に入隊したそうです。それにしても優しくて可愛らしい目をしています。それなのに…ベビーちゃんはお馬さんが怖いらしく、ちょっと苦手です。厩舎に居るお馬さんを一通りチラっと見たら「もう、行こう!」とアピールです。動物園では『アムールトラ』をはじめ猛獣系や苦手な人が多い爬虫類も大好きなのに、何故かお馬さんが怖いのです。不思議です…。 お散歩の途中では、旦那さんが「お天気で温かい日差しが気持ちがいいなぁ~。寝られるわぁ」とベンチに寝転がりましたが、ベビーちゃんがそうはさせず、旦那さんが寝ている上に座って起こしていました。

 

↓ 『宝ヶ池公園』のお散歩には『国際会館駅』近くの『じゅんさい』でのランチがピッタリです。

f:id:kuksa:20200126234539j:plain

 

とても美味しい洋食屋さん!家族全員が大好きで、たまに行きたくなります。美味しいご飯を食べて、お散歩や日向ぼっこをして、今日も楽しい1日になりました。

 

今回は短いですが、ここ迄。

洋菓子もいけるんです。

京都=和菓子と思われがちですが、京都は案外〝洋菓子〟もいけます。美味しいお店、揃っています!!!それに〝洋菓子〟だけでなく〝パン〟や〝チョコレート〟のお店も多く、京都は古くて新しい物が沢山です。そんな中、今日は久々に『Pâtisserie S(パティスリー エス)』に行きました。土曜日で旦那さんもお休みの中、お友達と待ち合わせをしたので旦那さんへのお土産です。

 

↓ 美味しそうなケーキが並んでいます。『Pâtisserie S』は京都で美味しいケーキ屋さんはどこ?と聞けば必ず名前が挙がるお店です。洋酒がきいた大人味のケーキ。どれも美味しいです。

f:id:kuksa:20200125205703j:plain

 

↓ お店の名前と同じ〝S〟は前回購入したので今回は他のケーキにしました。

f:id:kuksa:20200125205723j:plain

 

↓ 焼き菓子も色々。ベビーちゃんには洋酒が入っていないと思われるスコーンを購入しました。

f:id:kuksa:20200125205746j:plain

 

↓ コンフィチュールも組み合わせが面白く、珍しい物があります。ベビーちゃんは色に惹かれたのか〝梅 オランジュ サフラン〟を手にしていました。綺麗な黄色です。

f:id:kuksa:20200125205802j:plain

 

↓ 場所は烏丸通高辻通の交差点の少し西側へ入った所です。

f:id:kuksa:20200125205817j:plain

 

帰宅後は、お留守番をして待っていてくれた旦那さんにお茶を淹れて貰い、美味しく頂きました!!!次回この辺りに訪れる場合には、あわせて『ロトス洋菓子店』にも行きたいな~と思います。

 

では、今日はここ迄。

百合根と銀杏が冬の味。

今日の午後から暫くお天気がイマイチとの事で、昨日の内にまとめてお買い物を済ませました。今日も朝早くから洗濯等の家事を終わらせると、少し時間が出来ました。これと言ってお買い物も必要は無いし、何をしようかな?と思いを巡らせていると、ふと頭を過ぎったのがお豆腐屋さんの『こだわりとうふ 崎出屋』でした。前回訪れたのは夏で、夏季限定の〝わらじあげの大葉味噌漬け〟を含め複数点購入しました。わらじあげは、分厚い目のお揚げさんの事です。そして、夏季限定があるのであれば、冬季限定も何かしらあるはずだと思い、向かいました。

 

↓ 後ろから聞こえるベビーちゃんの鼻歌にあわせてのんびりサイクリングの末、到着です。

f:id:kuksa:20200122215505j:plain

 

↓ 店先の黒板にはメッセージが書かれています。お鍋の具材に…と、お豆腐やお揚げさんの紹介です。〝餅巾着〟の〝餅〟の漢字が間違っているのも何となくほっこりさせられます。

f:id:kuksa:20200122215625j:plain

 

そして店内に入ってみると!やはり冬季限定の商品がありました。冬季限定は〝特製ひろうす〟と〝特製ひろうす(小)〟でした。残念ながら、通常サイズは売切れ?なのか店頭に無かったので、同じく限定の(小)を購入する事にしました。1つから買えます。多くのお豆腐屋さんでは、通常サイズと小さいサイズがある場合に、中に入っている具材の種類や量が少ないのですが、こちらでは(小)にもたっぷり入っていると書かれていたのが購入の決め手となりました。

 

↓ 写真が美しくありませんが、5つ購入しました。その他、豆乳やおからドーナツも!

f:id:kuksa:20200122215745j:plain

 

冬季限定の〝特製ひろうす(小)〟ですが、本当に沢山の百合根、そして銀杏が詰まっていました。キクラゲの食感も良く、お出汁の味がしっかり染みて美味しく仕上がり、正しく冬の味を存分に頂きました。旦那さんも「ひろうすがこんなに美味しい食べ物って初めて知った!」と喜んでいました。冬季限定らしいので、未だまだ寒い今の内にまた買いに行きたいと思います。

因みに、皆さんは〝ひろうす〟を何と呼びますか?漢字で書くと、飛竜頭が一般的だと思いますが、読み方が色々で〝ひりゅうず〟〝ひりうず〟〝ひりょうず〟だったり、〝ひろうす〟や〝がんもどき〟なんて呼び方もあります。現在では同じ物を指しますが、元々は〝がんもどき〟は漢字で〝雁擬〟で鳥の雁(がん)のお肉に似せたお肉の代用品、精進料理だったそうです。色々な呼び方があるものだなぁ~と思うのでした。

 

では、今日はここまで。

食べたらダメだけど…。

久しぶりの更新です。今日は『京都市動物園』に行って来ました。ふと、最近動物園に行って無いなぁ~と思い、ベビーちゃんに火曜日に「動物園に行く?」と聞いてみると「はーい!」と良いお返事でしたが、残念ながら前日の月曜日が祝日で開園していた為に振替の休園日でした。「ごめん!お休みみたいだから明日行こう!それで良い?」と聞けば、これまた聞き分け良く「はーい」とすんなり了承。そして昨日の水曜日に出掛けようとすると雨が降り出し、結局行けずでした。今日こそは約束を守らねばと思い、行って来ました!!!到着するなり走り出し『アムールトラ』の所へ。今日もトラさんに御挨拶でした。全体をぐるっと回って来ましたが、1番印象的だったのがこちら。

 

↓ 『キリン』です。何となんと!長い首をぐい~んと伸ばしバリバリムシャムシャ齧っているのは木の歩道の一部です。「食べたらダメって言われてるんやけど、ここが美味しいからやめられなくて…」とでも言いたそうにこっそり、でも大胆に食べています。

f:id:kuksa:20200116221928j:plain

 

↓ 近付いて「ここ食べてたでしょう?!」と声を掛けると知らんふり。言われている事は良く分かっている様で、ベビーちゃんと同じ反応です…。

f:id:kuksa:20200116222103j:plain

 

ベビーちゃんも今迄は『キリン』に対してあまり反応は無かったのですが、今日は興味津々で手を伸ばして触れようとしていました。流石に触る事は出来ませんが「触ってみよう!」と思えた事は、また1つ新しい心の変化です。他の動物も沢山見学して来ました。

 

↓ 『アジアゾウ』の前にあるベンチを陣取ってお菓子を食べながら見学。『アジアゾウ』もお気に入りの動物だと思います。

f:id:kuksa:20200116222304j:plain

 

↓ ベビーちゃんがどちらかと言うと得意では無いのがサルの仲間。今日も微妙な表情で眺めていました。

f:id:kuksa:20200116222331j:plain

 

↓ 『チンパンジー』の親子と目が合いました。

f:id:kuksa:20200116222357j:plain

 

↓ ベビーちゃんの好きな動物!『フンボルトペンギン』です。ほとんどが固まって過ごしていたのに、1羽だけ堂々と石の上で日向ぼっこをしていました。

f:id:kuksa:20200116222417j:plain

 

↓ 体重計に乗る『ミーアキャット』です。良い場所に置いてあります。

f:id:kuksa:20200116222435j:plain

 

動物園の最後には、併設されている図書館カフェに行きました。ベビーちゃんは必ず行くものだと思っている様です。今日はハムとたまご、レタスのクレープを食べましたが、選んだのに好みじゃなかった様で、ほとんど食べず私にくれました…。

 

未だまだ寒い季節、入園者数も少なくゆっくりと見学する事が出来ました。桜が咲く迄にはもう1度位行けたら良いな~と思っています。

では、今日はここ迄。

美保関灯台からの眺め。

今年の帰省最後の行先は『美保関灯台(みほのせきとうだい)』でした。『美保関灯台』は島根半島の東端、地蔵崎に1898年(明治31年)に造られた灯台です。「世界灯台100選」や「日本の灯台50選」にも選ばれた重要かつ貴重な灯台です。見た目にも美しく、白い石造りで目を惹きます!前日には『名和神社』へ連れて行って頂いたのですが、この日はこちらに。

 

↓ 『美保関灯台』です。毎年、海の日には内部公開がなされるそうですが、そもそも灯台の中には何があるのでしょうか?どんな設備があるのか、想像もつきません。

f:id:kuksa:20200107144727j:plain

 

灯台の横には官舎があり、そこではレストランやお土産物屋さんが営業をしています。その他、島根県の観光案内のパンフレットも多数並んでいました。

 

↓ そして、何やら大きなガラスの塔の様な物も置かれています。これは、灯台設置当時から使用されていた第一等フレネル式閃光レンズと言う物だそうです。

f:id:kuksa:20200107144747j:plain

 

↓ レンズの詳細も説明がありました。随分古い物ですが、今見ても美しいです。

f:id:kuksa:20200107144809j:plain

 

↓ お土産のコーナーでは、お醤油を発見。『太鼓醤油』の〝みほ太鼓〟だそうで、甘露醤油でお刺身に最適とありました。

f:id:kuksa:20200107144853j:plain

 

旦那さんのお家でもそうですが、この地域でお刺身を食べる時は甘いお醤油です。私が生まれ育った兵庫県では甘いお醤油を使う習慣はありませんが、私は甘いお醤油も好きです。試しに小さい瓶を1つ買ってみました。

 

↓ お会計をしていると、旦那さんが「これも!」と不思議な物を選びました。植物の『クロモジ』が含まれたお茶だそうです。

f:id:kuksa:20200107144829j:plain

 

未だお醤油もクロモジ茶も使用していませんが、とても楽しみです。そして、レストランから見える大きな窓から外を覗くと、隠岐の島方面から、小さな船が戻って来ました。

 

↓ 本土の境港や七類港隠岐の島を繋ぐ船だそうです。

f:id:kuksa:20200107144943j:plain

 

↓ 美保之崎の由来と書かれた案内と灯台。この頃は一瞬、青空でした。

f:id:kuksa:20200107145025j:plain

 

↓ 灯台が建つ地蔵崎について。

f:id:kuksa:20200107145101j:plain

 

↓ 灯台の周囲は遊歩道の様になっていますが、足元は崖です。ベビーちゃんが走り回り、米子ママがとても心配して追掛けて下さっていました。親はいつもの事だと思い見ていますが、周囲の人は心配されていたと思います…。

f:id:kuksa:20200107145141j:plain

 

↓ 島根半島海岸部の地形について。

f:id:kuksa:20200107145223j:plain

 

↓ 隠岐の島迄の距離が表示されています。残念ながら、この日は隠岐の島は見えませんでした。どうやら年に数回、しっかり晴れた日にだけ見える様です。

f:id:kuksa:20200107145246j:plain

 

↓ 『美保関灯台』からの帰路、先程レストランの窓から見えた船が近く迄戻って来る様子が見えました。船体には鬼太郎と一反木綿が描かれています。この船は『隠岐汽船』の船で『フェリーしらしま』と言うそうです。

f:id:kuksa:20200107145307j:plain

 

途中『美保神社』の混雑を横目に、帰宅しました。いつも色々な所に連れて行って下さる米子パパと米子ママに感謝です。ベビーちゃんも自由に走り回って楽しそうにしていました。今回の年末年始帰省に関しての内容は今回でおしまい。そろそろ通常モードの生活に戻ります。既に七草粥も食べ、二十四節気の暦でも大寒に向かっています。寒さに負けず、元気に頑張ろうと思います!

 

では今日はここ迄。

名和神社へ初詣に行く。

今年の初詣は、鳥取県西伯郡大山町にある『名和神社(なわじんじゃ)』へ行きました。現在は大山町となっていますが、以前は名和町だったそうです。ここでは、弓の名手であり、隠岐から脱した後醍醐天皇を迎えたとして有名な名和長年を祀っています。日本海を望む広々とした神社で、鳥取県有数の面積を誇りますが、この日に同じタイミングで参拝に訪れていたのは私たちの他4組だけでした…。

 

↓ 楼門手前の手水では、ベビーちゃんが「水を発見!」と走り出し、早速柄杓で水を汲みました。放っておけばすぐに水遊びを始めます。季節なんてあった物ではありません。

f:id:kuksa:20200107000044j:plain

 

写真を撮り忘れましたが、参道から見える日本海の景色は特別な雰囲気があります。また、両サイドには桜の木が植えられていたので、春になれば綺麗な桜のトンネルが見られる様に思います。ここ数年、決まって撮影している家族写真を今年はこちらの神社の境内で撮りました。

 

↓ 名和神社周辺の観光案内と名和神社の由緒について。

f:id:kuksa:20200107000023j:plain


名和神社周辺は名和長年の倉跡との言い伝えられており、現在でも社殿の裏からは焼き米が出て来ると言われているそうです。名和長年鎌倉時代後期の人、相当古いお米なので、本当であれば間違いなくお宝だと思われます。そして、この日ですが『名和神社』近くの地元で有名なお店でランチとしました。

 

↓ 『手打ちうどん 醍醐』です。かなりの人気店の様で、駐車場は満車、訪れた時間が遅いとは言っても私たちの数組後で営業終了となりました。

f:id:kuksa:20200106235656j:plain

 

↓ 通された座席はお座敷にタイプの場所で、大きなガラス窓からは日本海の景色が見えました。

f:id:kuksa:20200106235000j:plain

 

窓枠にはべびーちゃんとベビーちゃんの従妹ちゃんがお気に入りのアンパンマンのおもちゃを並べて遊んでいました。外を向いて並んでいる姿は姉妹の様に見え、とても可愛らしかったです!それに、従妹ちゃんのお誕生日にプレゼントした服を着てくれていたので、お揃いとなり、可愛らしさが増しましでした。

 

↓ 手打ちうどんと天丼のセット。手打ちうどんは太さがバラバラなのに、それが妙に良い具合でとても美味しかったです。

f:id:kuksa:20200106235944j:plain

 

今回の目的地はこの2ヶ所でしたが、帰宅後に調べてみると、大山町には案外見所が多い事が分かりました。またの機会に訪れてみたいと思います。

 

では、また。